<ブログ移転しました!>

新しいブログはこちら!

http://www.cheri-web.com/blog/

Cheri*公式サイト、リニューアルしております!

http://www.cheri-web.com/

今後ともよろしくお願いいたします!

2016年05月03日

沢マン

高知3日目はあいにくの悪天候。。。
前日に深夜まで飲んでたので、お昼過ぎからお出かけ。
車を出してもらって、チャビーズキッチンというお店でランチ。
前日に土佐神社まで行ってたけど、立地的にはその手前、という感じ。
見知らぬ土地だから時間かかって行った気がするのに、
改めて車で行くと意外と近く感じました。





注文してからけっこう待ちました。
飲食店のランチは回転率が大切だと思うのに、
これじゃ2回転もできないんじゃないかというほどでしたが、
満席になった店内はGWだったからか、後からもたくさん人が訪ねてきて、
諦めて帰ってしまう人も多かったです。
人気店なんだなー。
でも、美味しかったです!
悩んだ末に、ツナ好きのあたしは、ツナと春キャベツのパスタにしました。
と思ったら、一緒に食べに行った全員4人とも、同じセットを選びました(笑)
(次はここのカルボナーラも食べてみたいと思いました。他と全然違うそうです。)





ランチといえど、けっこう量があったのでおなかいっぱい。
美味しかった♪♪(*´∀`*)

もしかしてちょっと風邪気味かなーという身体のだるさがあって、
昼間のうちは少しテンションが低かったのですが、
夜にはカラッと治っていたので、おそらく天気のせいだったと思います。
交感神経とか副交感神経とかっていう自律神経のアレでしょうね。
このあと行った「沢マン」こと、沢田マンションでも、
晴れてたらもっとテンション上がって探検してたと思いますw

というわけで、噂の沢田マンションです。

日本の九龍城、高知の軍艦島、
いや、めっちゃ綺麗に言えば、サグラダファミリア、、、

とりあえず、興味のある方に、リンクしときます。
2つ目、3つ目のリンクのほうが、雰囲気がよく伝わります(笑)

Wikipedia 『沢田マンション』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E7%94%B0%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

NAVERまとめ 『素人による驚異の巨大建築物。高知に実在する「沢田マンション」がカオスすぎる』
http://matome.naver.jp/odai/2138214250057820901

入居者ブロガーの記事 『入居者が選ぶ「ここが変だよ!沢田マンション」10選。大家&建築者の沢田裕江さんに話を聞いたよ』
http://www.ikedahayato.com/20151005/44190496.html



え!?いやいや!とにかく!え!?なんなの!?いまここ何階!?

ベランダが通路になっているところもあるような、迷路マンション。
この階段がこの場所に繋がっていて、、、
え、ここは2階と3階の間にあるから、えーと、中2階?
向かって左から見ると5階建てマンションなのに、右から見ると4階建てに見えるし、
マンションが観光見学できるってそもそも意味わからんし、
強烈な印象が残ったというか、とにかくカルチャーショックを受けました。

普通に住人の方がいらっしゃるので、撮影は控えましたが、
荒廃している雰囲気とも違う、アジア的であり、意外と西洋風でもあり、
なんというか、無国籍感というのでしょうかね、
レトロなアトリエと言えばお洒落に感じる、、、そんなところです。
住んでるのか空き家なのか、部屋番号はバラバラだし、
間取りも一部屋ずつ違うし、4階くらいにいきなり庭園があって、
一番上の階には大家さんが暮らしていて、
製材所があり、自作のリフト(エレベーター)があり(いやいや自作って意味わからんよ!)
菜園があって、クレーンがあって、
鶏とウサギと、ブタがいて、(ペットなの家畜なの!?)
良心市があり(貯金箱みたいなやつにお金を入れて品物を取っていく無人のアレ)、
店舗があり(ランチしたチャビーズキッチンはもともと沢マンにあったお店!)
多目的ホールがあり、合気道教室があったり、
床がメッシュになってて通るのがすっげー怖いところがあり、
設計図も何もない、奇抜としか言いようがないマンションでした。
だからこそ住人が力を合わせて暮らしていて、
避難訓練やら、沢マン祭りやら、
ひとつの独自で独立したコミュニティを作っている雰囲気があって、
驚愕とともに、素敵だと思いました。
もし高知に移住したらここに住んでみたいと思いました。
ほんとアトリエにしたい。(でも音楽の作業部屋にはできなさそう・・・)



天気もすこぶる悪く、豪風豪雨。
中途半端な時間だったこともあり、いったんリベルテに避難。
階下にある大野さんの秘密基地でまったり。
風邪薬飲んだ影響もあると思いますが、ここであたしはうとうと昼寝しました。
でもこの日は夜に飛び入りのライブに参加させてもらうということもあって、
体力温存できて良かったのかも、です!

夜はライブだったので、別エントリで書きます!




posted by Cheri* at 00:00 | + 行ってきた + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

ひとり旅。

高知2日目は、完全なひとり観光の日。
他の日に、現地の皆さんで一緒に出かける予定じゃない場所へ、一人でレッツゴー。
自由気ままなくせに淋しがり屋のあたしですが、
見知らぬ場所だと好奇心のおかげか、だいたいどこでも一人で楽しめるので、
こんなふうに出かけると、実は一人でも全然飽きないことに気付かされます。

とは言え、徒歩、バス、電車、という交通手段ですので、まずは近所の散策からスタート。
この土地にゆかりのある人物と言えば、やはり山内一豊なので、午前中から山内神社へ。
天気が良くて気持ちいい!最高でしたー!



そしてバスに乗って土佐神社にも行きました。
しかし順調なのはここまで(笑)
バスがなかなか来ないとか、1時間に数本とか(時間帯によっては0か1本)、
停留所の区間が長くて、降り損ねてしまって歩いて戻るためにめっちゃ歩く(しかも2回も)とか、
いろいろ回り道をして大冒険の末、土佐神社と、向かいにある善楽寺へ。
緑が多くて静かだから、神社仏閣に寄るのは好きです。
その土地を長く見守ってきた場所ならでは、という雰囲気も好き。
さすが四国、お寺のほうはお遍路さんがたくさんいました。





30分くらい待ってバスに乗り、高知駅のほうまで戻ってきました。
少し遠出するなら龍河洞に行ってみたかったのですが、
バスの乗り継ぎがまったく時間が合わず、検索してみたら最終入洞時間に間に合わない。
車なら45分って書いてあるのに、バスだと3時間近くかかることになってた。
よしこれはもうレンタカーだ!
と思って駅前で探してみたら、
すいません、GWなめてました。。。
どこも満車すぎてレンタカーも無理でした。
レンタカー会社5社に立ち寄ったり電話したりしたけど無理でした。
まじかー。
でもこうなってくると龍河洞どうしても行きたい、という意地にかられて、
電車とバス(バスには間に合ってないのだけど)ルートしかないということで、
電車乗ろうとしたらアンパンマン列車でした。





土佐山田駅から龍河洞までのバスは、1時間半後じゃないと来ません。
最終入洞ぎりぎりになってしまうので、ここは奮発してタクシーだ!
というわけで、無事、到着しました、龍河洞。
日本三大鍾乳洞のひとつだそうです。



これはほんとに探検気分だった!!



お化け屋敷とか特に大嫌いなあたしは、こんな暗くて狭い場所、
よく一人で入って泣かずに、頑張って最後まで歩いて出てこれたなあ、と後から感心しましたw
旅先だから、と、気持ちが大きくなってたんでしょうかねw
写真で見ると不気味なところもあったりするのに、
自然の凄みを目の当たりにして、ほぇ〜〜〜〜!と感心ばかりしておりました。
大地が長い年月をかけて作り上げてきた芸術に、人間は敵うわけがない。



無事に出口まで、たどり着きました。



その後に、ちょっとした資料館がありましたが、これがシュールで楽しかったですw

弥生時代に、洗面器と手ぬぐい、とか、



いやいや、もっと高知の歴史、書こうよ!!とか、



アメリカ特許なの!?とか、



大昔の狩猟生活、人々の暮らしのようすに、



いやそうなんだけどね?そこに札かけるんだ、とか、




珍鳥センターで、



こ、これは、、、(´Д`;)とか、



仲直りしてるのかケンカしてるのかどっちだよ、とか、
(※ごめんは地名です)



その先の休憩所で、みんな座ってる・・・(;´∀`)とか、



「良い品が安い店って本当?」の向こうに、



え、なにケンカしてんの?(゚听)とか。





帰りは駅までバスに乗るけど、18時のバスまで1時間後なので、
フランスの洋菓子とビールで待つ。
この日、朝ご飯とお昼ご飯、食べてませんでした。





高知駅に戻ってきたから、これ。



この1日は、ひとりで大冒険でした。

晩ご飯はお仕事から帰ってきた大野さんとひろめ市場にて。



そのあとA’barというかっこいいバーに行って深夜までビール飲みました。
ピアノがあったから触らせてもらったり、
「4 DIMENSION」という木製の2人ゲームがあって、マスターさんが得意とのこと。
ルールは「立体四目並べ」といったところで、なかなか奥が深くて面白かった!
マスターさんを唸らせるところまでは行ったけど、結局負けて悔しかった!w



他の写真を含めて、スライドショーをリンクしときます。
2日目の写真は70枚以上ありますが、お暇な方はぜひお楽しみください。
鍾乳洞の写真が多いです。
ちょこちょことディスクリプション付けてます。

↓PCは写真にマウスを載せると、左右に矢印が出てスライドショーで観れます。
(スマフォなどの場合はちょっと閲覧しにくいかもしれません)

16/05/02


posted by Cheri* at 00:00 | + 行ってきた + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

日帰りではない高知へ。

さかのぼること、2014年9月28日、
初めてUP&ALLでライブをしたとき、サトウヒロコちゃんと共演でした。
そのときヒロコちゃんを高知から見に来た方がいました。
それから1年ほど経ち、ヒロコちゃんが高知でライブをするということで、
再度の共演に誘っていただいたのが、2015年10月6日、
初めて高知に行きまして、音楽茶房リベルテでライブをさせていただきました。
↓そのときのブログ。
http://blog.cheri-web.com/archives/20151006-1.html

このときは日帰りだったので、観光も何もできないまま終わりました。
このとき呼んでいただいたリベルテの大野さんに気に入っていただき、
ライブを観に来てくださった方と、ボードゲームの話で盛り上がるというまさかの展開に、
上記エントリで書いた、
* * *
「絶対またゆっくりここに来たい!!」って思った、その「名残惜しい感じ」が、
またきっと次に繋がってくれると信じています。
* * *
そうです、これが、今回実現したわけです。

午前中にバスで出発して4時間ほど、
高知駅からほど近い「はりまや橋」に到着。
リベルテに荷物を置きに行き、さっそく近所を散策。
好立地なリベルテからはいろんな場所に行けることがわかりました。
高知城まで歩いて行ける道すがら、日曜市がまだ残っていました。



ここではおやつに芋天(いもてん)というのが美味しかった!
ホットケーキミックスが使われている衣は、少し甘くて美味しかった!



天気が良く暑い!というところに、アイスクリンののぼりが目に留まります。
アイスクリンってなんですか?
アイスクリームとは違うの?
というわけで食べてみる。



アイスクリームに比べ、乳脂肪分が少ない氷菓だそうで、
あっさりしたシャーベットみたいなアイスでした。

さあ、そして高知城。



高知城は本丸が完全に残っている唯一のお城だそうで、
県庁なども周辺にあって、高知県の行政の中心地という感じがします。
城下にある公園には、山内一豊と、板垣退助の銅像がありました。
(山内一豊の奥さんは、内助の功、良妻賢母、功名が辻)
坂本龍馬だけでなく、江戸から明治にかけて、たくさんの偉人たちが活躍したのですね。

夜は「あんぐら」で晩ご飯。
予約テーブルに通されると、なんとこんなメニューで歓迎していただきました!
これは感激する!!!ヾ(*´∀`*)ノ



ほんとにGWが始まったんだ!!というワクワク感がどばーっと湧いてきて、
ビールもご飯も、超絶美味しかったです!!
高知といえば、お約束のこれ!!!!



高知旅では写真が大量にあるので、抜粋してブログに載せますね。
そして他の写真も含めて、日ごとに分けて、スライドショーでリンクしときます。
高知の風景や観光スポット、あたしが気になったもの、などなど、
お暇な方はぜひ、他にも撮った写真を楽しんでくださいね!!(*´∀`*)
ちょこちょことディスクリプション付けてます。

↓PCは写真にマウスを載せると、左右に矢印が出てスライドショーで観れます。
(スマフォなどの場合はちょっと閲覧しにくいかもしれません)

16/05/01


posted by Cheri* at 00:00 | + 行ってきた + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

4月の雪(2日目)

昨日に引き続き、札幌、2日目。
朝から雪がパラパラ。
35階で景色の良いレストランから、
向こうに見える山々は、雪が積もって白かったです。

時刻はAM6:30。
軽めの朝食を取って、
部屋に戻ってチェックアウトまで、もう一度寝ました。

可愛い親戚が増えました。
2歳半。
兄のお嫁さんのお兄さんの子供ちゃんは、何て呼ぶんですかね?



夕方からまた空港に向かって帰路へ。
快速エアポートのお心遣いにグッとくる。



新千歳空港は広いので、大きな混雑・混乱もなくスムーズに進み、
時間が余ったので、はい、これ。



いつの間にか、花曇り。

image

運命とでも呼べるような、ある種の確信が滲み出ていたと思う。
お互いにお互いが最上である、
という直感が確信に変わって、ご縁を結んだ二人なら、
末永く幸せでありましょう。

お父さんも喜んでるよね。
あのとき最初で最後になってしまったけど、ちゃんと会えて良かったね。
安心したから逝ってしまったのかな。

今になってはもう何も聞けない。

「ねぇ、幸せだった?」

たまに空を見上げて語りかけてみるけど、

空を見上げても、そこには空しか無い。

近いと思っていた場所に近づいてみても、
やっぱり、透明な空間が広がっているだけだった。

雲の上に天国は無かった。

あるのは飛行機の轟音だけだ。




posted by Cheri* at 02:37 | + 行ってきた + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

4月の雪

寒の戻りか、急に冬のような気温に戻った2日間、札幌に行ってきました。
親戚のアレやらコレやら、で。

行きの空港は、さすがGWの初日ということで、ものすごく混雑してました。
母上がいるからゆっくり行こう、と、早めに出かけて良かった。
いつものあたしなら絶対飛行機乗れなかったです(笑)

着いたら、わ、寒い。
天気予報を見て、ヒートテック着てコート持って行って正解、
あたしは寒がりだから「念のため」に持って行ったマフラーも大正解でした。
なんなら手袋も欲しかったくらい。
あいにく天気は悪く、強い北風と、冷たい雨が降ってました。



チェックインしてから夜まで時間があったので、
バスに乗って、円山公園のほうまで出かけました。


植物・樹木の種類のせいか、天気が悪いせいか、
神戸は新緑の季節なのに、ここは秋冬のような景色。
気温が6℃と寒いせいもあって、本当に冬かと錯覚しました。
そしてまさかの桜。


一ヶ月も遅れて、まだ桜が見れるとは思ってなかったので、びっくりしました。
当たり前のことなのに、目の当たりにすると、すごいと感じずにはいられない。
同じ日本なのに、全然違うなあー!
桜の種類も少し違う気がしました。
写真のあたりはけっこう咲いてたけど、他はまだ咲き始め、という程度。

秋冬かと思う天気と景色と、あたしにとっては季節外れに見えてしまう桜と、
とにかくものすごいタイムリープ感がありました(笑)





夜はお父さんがいなくなった親子3人で、お寿司食べました。
わさびは苦手だけど、海鮮はほぼなんでも好きなあたしですが、
意外とウニは少し苦手で、今まで美味しさがわからなかったんです。
でもこのときのウニは美味しかった!!
初めて美味しいと思いました。
ご馳走様でした。

部屋でゆっくりお風呂に浸かって、冷えた身体を温めて
さて、いただきます♪

せっかくなのでサッポロクラシックを♪



posted by Cheri* at 01:35 | + 行ってきた + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする