<ブログ移転しました!>

新しいブログはこちら!

http://www.cheri-web.com/blog/

Cheri*公式サイト、リニューアルしております!

http://www.cheri-web.com/

今後ともよろしくお願いいたします!

2015年10月29日

「只今より現場復帰致します。」

Voiceで唄ってきました。
ありがとうございました!!!
心配かけて申し訳ない気持ちもあるけど、
繋がってくださっていることを本当に有難く感じています。

なんて言えばいいのかな、
「Cheri*というひとを信じてもらっている」
そんな感覚がビシビシと伝わってくるライブでした。

至極個人的な想いだけでライブをしたと思うのです。
わがままに一方的に、
自分のそのときやりたかったことだけを唄って、
言いたいことだけ勝手に喋って、発信したのです。

でもめちゃくちゃ受け取ってもらえてる感覚があって。

別にコール&レスポンスなどしなくても、
それでもやっぱりライブはコミュニケーションなのだと、
信じていて良かったと思えた夜でした。

セットリストは、
01.砂時計
02.サイレントブルー
03.夢の欠片
04.ありがとう
05.So tragic
06.Hello to Goodbye
07.ラストワーズ
08.羊ごっこ
09.ためいき
でした。

最後はヤギリンゴちゃんと一緒に、「木綿のハンカチーフ」唄いました。
これリハでやってみようっていう話になって、一発でしっくりきた、という、
なんかやっぱりヤギリンゴちゃんのフィーリングがあたしは大好きです。
自分に無いものを持っているひとには憧れるのです。
終わってからヤギリンゴちゃんが、ちぇりちゃんかっこええ!って言ってくれて、
お世辞でも嬉しかったです。
好きになってほしいなって思う相手に好いてもらえたって感じることができるのは、
あたし単純だから、やっぱり嬉しいし幸せです。

ちゃんと自分に足がある気がする。
この前はふわふわしてて、
自分が何をやったのかよくわからないくらい一瞬のステージだったけど、
やっと自分を取り戻すリベンジができました。
目的と意思を持って唄えた。

ええ夜でした。
おかげでビールが美味しかったです。

安定の酔っ払いが戻ってきた。

「只今より現場復帰致します。」

ええ夜でしたので、久しぶりにめっちゃ飲んだ。ヤギリンゴちゃんと木綿のハンカチーフデュエットしたの楽しかった!




posted by Cheri* at 00:00 | + ライブ後記 + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

非現実な現実

アコギライブin姫路、唄ってきました。
聴いてくださったかた、駆け付けてくださったかた、本当にありがとうございました!
なんだか心持ちはふわふわして落ち着かない感じでしたが、
やっぱりイーグレ姫路アートホールのグランドピアノ、
びっくりするくらい鍵盤が指に馴染んで、
弾いてて本当に気持ちが良かったです。
ピアノに関しては、ちょうど1年前の、アコギライブのブログにも書いてます。
http://blog.cheri-web.com/article/407471844.html
今日はやっと、ちゃんと「ピアノ復帰」できたことが収穫でした。
あのピアノのおかげかもしれないです。
硬い鍵盤のピアノならしんどかったかもしれない。
右手はしばらく使っていなかった違和感だけで、
痛みを感じることはなく、
そのおかげで不安や恐れが無くなったので、
指を動かす基礎練を、また始めないと、です。

久しぶりに外に出かけた、という感じがしました。
おかげで少し疲れました(笑)
自分って体力無いなあ、と実感。
来年は体力をつけることを目標にしようと思います(笑)







セットリストは、
01.サイレントブルー
02.Hello to Goodbye
03.羊ごっこ
04.ためいき
でした。

羊ごっこだけ本日限定「空元気バージョン」でお送りしました(笑)
久しぶりにサイレントブルー唄えて良かったな。
というか、サイレントブルーを選びたかったから、
ピアノ弾けるように指が戻って良かったと思いました。
手も日々治ってきているのだな。
人間はちゃんと再生していくのが、本当にすごいです。

こんなプレゼントいただきました!!



なんと、羊ごっこぱんだのケーキ!!!すごいすごい!!



この前ごめんねって、こうだったんだーって、利紗ちゃんと、話ができました。
深い理解と、温かい心遣い、本当にありがとう。



シンクロの2人の顔も見て帰りました。
最後まで残れなくてほんとうにごめん。
歌聴きたかった。

若林美樹さんと話せなかったけど、声が素晴らしかった。
またどこかでちゃんと出会いたいと思ったので、覚えておこうと思いました。

* * * * *

家に帰ったら、母上がサンマを焼いてました。
一緒に食べてから、たい焼きを食べて、
そしてケーキを食べて、あたしはビールを飲んで、
父上の話を、すこし、しながら。

びっくりするほど雨が降らない秋晴れの1週間。
父上って実は晴れ男だったのかな。
そんなこと話したことなかったけど、
ゴルフ行くとき天気悪かった話を聞いたことないや。

そんな話。

* * * * *

今日は久しぶりに外に出たと感じたくらい、
この一週間で、感覚が非現実になってしまったので、
知っている顔がなんだかすべて久しぶりに感じてしまい、
そんなふうに久しぶりに顔を見たら、懐かしいやら泣きつきたいような、
あたしは笑ってるような泣きそうな、結局困ったような顔をしていた気がします。

受け取っているものと、いま自分が表現できるもののバランスが取れなくて、
ちゃんと感謝を伝えられていなかったとしたらごめんなさい。

加えて、いつも以上に、乱筆乱文ですみません。

* * * * *

あたしが一年のうちで一番好きな季節は、悲しく愛しい思い出ばかり増えていく。

自分の一番好きな季節だから、それでいいのだ。

一番好きな季節に、思い出せることがたくさんあるということは、幸せなことなのだ。


posted by Cheri* at 00:00 | + ライブ後記 + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

明日は唄うんだな。

明日は唄うんだな。

なんとなく不思議な気分だ。

あたしはいま、何を唄えばいいのか、まったくもって、わからない。

それでもきっと明日、唄う。

唄うことが日常になった分、日常を取り戻すとはこういうことなのだ。

音楽は生きるために存在しているのかもしれない。

音楽は生き残ったもののために存在しているのかもしれない。

明日、そのとき、考えよう。

きっと何かが降りてくるはずだ。

そしてきっとあたしは何かを学ぶはずだ。

20150917_115908


posted by Cheri* at 23:59 | + 雑記と備忘録 + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謝辞

先日は突然の出演キャンセルで、ご心配とご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございませんでした。
改めてお詫び申し上げるとともに、
皆様のご理解と、温かい励ましのお言葉、お心遣いに、心より感謝申し上げます。

おかげさまで、滞りなく全て、執り行うことができました。

何の前触れもなく、まさに青天の霹靂のように、
父が他界いたしました。
享年68歳でした。

今は3人になった家族で、日常を取り戻すために、
少しずつ気を遣い合っている、というところでしょうか。

個人的に書き残しておきたいことはたくさんありますが、
Cheri*としてここに書いて公開するべきことではないと思うので、
父の急逝に関して、詳細を書き記すことは控えさせていただきます。

家族で過ごし、生前の父を知る親族とお話する機会を得て、
心に空いた穴を補って埋めるような、そんなひとときに、
ひとりの人間として、
父というひとに、そして家族というものに、今一度向き合って、
考え、想う、
そんな時間を過ごさせていただきました。

これから時間をかけて、ひとりの人間としてさらに成長し、
私が最も敬愛する音楽に、自らを還元することができますよう、
これまで以上に一層、努力を惜しまず、謙虚に、
与えられた生を全うしていく決意でございます。

今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

* * * * *

直近に書き記した、
受け継いできたものへの感謝と敬意について、
脈々と繋いでいる、目に見えずとも、たしかなもの。

くしくも、ライブタイトルに選んだ「リインカーネーション」を、
こんな形で体現することになろうとは。

運命というのは、どこまでも浅はかで、かつ確固たる思念を持って、
いつも、いつまでも、あたしに迫ってくる。
抗うことなどできやしない。

しかしながらフランスの哲学者、ヴォルテールはこう言った。

『この世に運などない。全ては試練、刑罰、保証ないしは先見である。』


posted by Cheri* at 23:15 | + お知らせ + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

皆さんへ

いつも「Cheri*」をご支援いただいている皆様へ、
大切なお知らせがございます。

私事ではございますが、この度、身内に不幸がございまして、
来る10/21(水)尼崎ブラントンにて行われる、
ライブイベントへの出演を断念せざるをえなくなりました。
楽しみに待っていてくださった方には大変申し訳ない気持ちで一杯です。

本当に突然のことで、家族ともども困惑と動揺を隠せない現在なのですが、
また落ち着いたら折りを見て、ご報告と謝罪をさせていただきたく存じます。

10/21(水)のライブは、ブラントンの23周年記念イベントでもあり、
Cheri*が「リインカーネーション」という冠を取らせていただくということで、
私自身、とても楽しみにしている日でございました。
関係者の皆様、共演者の皆様にも、ご迷惑とご心配をおかけいたしまして申し訳ございません。
日にちが前後してしまうかもしれませんが、改めてお詫び申し上げます。

また命の限り精一杯、魂の唄を、より良き音楽を、皆様に届けられるように、
残された最後の時間で、家族と過ごす時間、家族と向き合う時間を頂戴し、
公私ともに、自身の心にも誠実に向き合い、成長させていただく所存でございます。

10/21(水)は、私の敬愛するうたうたい「てふてふ」さんに、
急遽ご出演いただくことが決まりました。
急なお願いにも関わらず、事情を理解し、
快く引き受けてくださり、優しい言葉をたくさんかけてくださった彼女に感謝いたします。
誠に勝手なお願いではございますが、
私が信頼する彼女のうたを、
私が彼女に託したその想いを、
皆様に受け止めていただきたく、
どうかCheri*の出演キャンセルに関わらず、ブラントンへ足をお運びくださいまして、
この一夜を、温かく見守っていただけますよう、お願いするとともに、
素敵な一夜となりますよう、心からお祈り致します。

なお、10/24(土)イーグレ姫路アートホールでのフリーライブから、
Cheri*として、また唄わせていただく予定です。
すぐに戻ってまいりますので、どうぞご理解くださいまして、
今後とも変わらぬご声援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

2015年10月19日 Cheri*


posted by Cheri* at 22:27 | + お知らせ + | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。